免疫力を高めるサプリメント|体内を守るガーディアン

お年寄り

悪玉を減らすためには

服用

影響を与えるものたち

悪玉コレステロールが高くなると高脂血症や心筋梗塞、脳梗塞などの病気を引き起こすこともありますし、高コレステロールだったとしても自覚症状もあまりないために、日頃から気を付ける必要があります。そんなコレステロールを下げるためには、基本的に食材や食生活の改善がもっともポピュラーな方法で、卵や魚卵、レバーやウナギ、生クリームやプロセスチーズなどのコレステロールが高い食材の摂取はある程度控えて、逆にDHCが豊富な青魚やレシチンを含む大豆、食物繊維を含む野菜などはお勧めです。他にもミネラルやβカロテン、各ビタミン類やポリフェノール、タウリンなどもコレステロールを下げる効果がある成分です。また食事以外にも運動も効果的ですし、禁煙でも効果が得られます。

日常に取り入れて

コレステロールを下げるためには、やはり毎日の生活習慣にそういった方法を取り入れることが一番簡単です。まずは食事の工夫で高いものは摂取を控え、下げるものを積極的に摂取し、食べ過ぎないようにゆっくり食べるようにすると良いでしょう。またお酒は適度なら効果も期待できますが、多すぎると逆効果になるので注意して、甘い物に関してもほどほどにしておくのが良さそうです。そして適度な運動やストレスをためないことも大切で、あとは食事だけでは改善が難しい場合は、サプリメントを利用する方法もあります。サプリメントは手軽に入手できて利用しやすく、効果も得やすいために人気がある方法です。また病院に通院している場合は、処方された薬の服用も忘れないようにしましょう。